そういったステージでは

やはり、今は、キャッチャー欠乏っていうのは残るのよね。
で、またですよ。小林ね。どうしてもワンバウンドのキャッチングっていうのは、どうしても大笑いかぶせるようなああいう奪い取り方をしてしまうっていうのは、真実ができていないのか?あとは、投手を信じすぎているのかな?といった。
目が低い投手や、投げ入れることに集中しすぎて、先触を置き忘れる、ちがうことをしてしまうという見越しを通じておかないとね。ダメでしょうね。
そういった段階ではないけれども、けん制の先触をだしても打者との競合に集中してしてしまい、けん制を忘れて、投球してしまう投手というのもいるし、けん制なんてややこしい。走られても、ランナーを返さなくても有効でしょ。って想う投手っているみたいでね。そのあたり、いい意味でですけれども、信用しないイベント、そういうことも重要なのかな?ってね。おもうのよね。今の選手ってね。頼みしすぎかな?というね。カーブの先触だしても真っすぐももらえるくらいでないと。プロアクティブ通販ナビ|プロアクティブ送料無料お得なセット通販